就職試験 面接対策

面接の準備

面接を受ける時に必ず準備してほしいのが就職希望先の企業についての情報収集です。企業の事をきちんと調べておくことで企業との会話もスムーズになり、自分自身をアピールするためのきっかけにつながります。また、面接の時に必ずというほど聞かれる志望動機や自分の性格(長所や短所など)も覚えていた方がいいでしょう。

面接のマナー

面接では面接官はマナーチェックもしています。これは社会人としてのマナーを心得ているかどうか、また筆記支店では見ることができない人間性を見るために行います。面接時のマナーのポイントは次のようになります。
入室時:面接室に入る前に必ずノックし、面接官が「どうぞ」と返事をしてからユックリドアを開けます。中に入ってドアを閉めたら面接官へ一礼します。

着席時:一礼したら椅子のあるところまで進み、椅子の側にそのまま立ち出身学校名から順に氏名を名乗って面接官から「どうぞお掛け下さい」と言われたら「失礼します」と言ってから着席するようにしてください。

離席時:座ったまま「ありがとうございました」と会釈してから立ち上がります。立ち上がった後に再度面接官へ「本日はありがとうございました。どうぞよろしくお願いします」と言って頭を下げてドアへ向かいます。

退出時:ドアまで行ったら再度面接官へ一礼してからドアを静かにあけて退出する。

面接時の注意

緊張時に見られるクセ(貧乏ゆすりや爪噛みなど)は良い印象を与えないのでこのような癖のある方は注意してください。また、面接の時に喋りすぎてもよくありません。面接官の質問に明確にポイントを抑えて返答できるようにしましょう。ほかにも他社への悪口を言ったりするのも良くありません。集団面接の際、自分自身の意見を言わずに他の受験者の意見にそのまま同調してしまうとよい印象を与えないので、先に同じ内容の意見を言われてもそれを引用して自分の意見を加えて答えるようにした方が良いでしょう。

養護教諭なら愛知みずほ大学短期大学部
養護教諭として働く上で大切な「養護教諭観」を養い、教育者としての自覚を育みます。
養護実習・病院実習にむけての準備やフォロー、教員採用選考試験対策も万全です。
http://www.mizuho-c.ac.jp/amjc/

面接を受ける時の心構え

家から出た時から面接を識を持つようにしてください。面接会場への遅刻はもちろん服装もきちんとスーツを着用して身なりを整えて臨むようにしてください。